ホーム   -->   製品情報   -->   直接燃焼式小型排ガス処理装置

直接燃焼式小型排ガス処理装置

ガスを選ばず濃度や変動に強い

特長

構造が簡単でトラブルが少ない。
触媒を被毒させる物質やハロゲン系の腐食性の高いガスも処理。
処理ガスの成分変動・濃度変動に強い。(広範囲のガスに対応)
加熱源に電気ヒーターを使用しており安全性が高い。
排気ブロアーをサクション側で使用しているので処理ガスで汚 れることがなくメンテナンスが軽減されます。

直接燃焼法

処理ガスを熱交換器で予熱したのちに電気ヒーターで約800℃に 加熱して有機成分を酸化分解します。
装置は単純な構造でかつ確実に有害ガスを高い分解率で処理する ことができます。
特に排ガス濃度が高い場合やバッチ炉などの濃度が大きく変化す る条件に対応できます。
同じ燃焼法でも触媒燃焼法と比較して処理ガスの濃度が高い場合 (2000ppm以上)や、有機シリコンなどの被毒物質や腐食性の 物質(ふっ素系・塩素系)が含まれるガスに対応できます。
フロー説明図

装置仕様概略

  1m3/min用 2m3/min用
加熱方式 電熱ヒーター 電熱ヒーター
ヒーター容量 16kW 33kW
排気ブロアー 1.5kW  1kPa 1.5kW  1kPa
電気容量 AC 200V 17.5KW 3P AC 200V 30.5KW 3P
外形寸法 mm 1,450W 550D 1,250H mm 1,450W 600D 1,500H mm

直接燃焼式と触媒燃焼式(弊社製)の比較

  直接燃焼式 触媒燃焼式
濃度の低いガス(1500ppm以下)
濃度の高いガス(2500ppm以上)
腐食性のガス
被毒物質を含むガス ×
濃度・成分変動が大きい
コンパクト性
ランニングコスト