ホーム   -->   製品情報   -->   PTFE成形の概要

PTFE成形の概要

従来より「ふっ素樹脂」の優れた性質は知られており、広い分野でその製品が使われています。
しかし、下記のように「ふっ素樹脂」にも多くの種類があり、加工方法は溶融タイプと非溶融タイプではまったく異なります。

PTFEは「ふっ素樹脂」の中でも最もハイグレードであり非溶融タイプですが、 いくつかの種類があり、目的の製品によって加工方法は異なります。

弊社は、1955年に最初のPTFEペースト押出機を出荷して以来、 新しい製品用途やユーザーの要望に応えて、安定性、耐久性、操作性にすぐれたPTFE加工装置を数多く出荷してきました。

PTFE パウダー
PTFEパウダー

ふっそ樹脂の種類と成形方法

種類 非溶融タイプふっそ樹脂 溶融(流動)タイプふっそ樹脂
樹脂 PTFE樹脂
ファインパウダー (FP)
モールディングパウダー (MP)
ディスパージョンタイプ (D)
PFA樹脂
FEP樹脂
ETFE PVDF 他
成形法
  1. 押出成形
    1. ペースト押出成形
    2. ラム押出成形
  2. ディスパージョン成形
    1. 含浸式成形
    2. コーティング
    3. キャストフィルム
  3. 圧縮成形
    1. フリーベーキング
    2. 自動圧縮成形 他
  1. スクリュー式押出成形
  2. 射出成形
  3. ブロー成形
  4. トランスファー成形
  5. ライニング成形
  6. その他

PTFE樹脂の特長と用途

ふっ素樹脂の中でもPTFE成形製品は優れた性能を持ち、 チューブや電線、シートなどの形状で産業界で広く使われています。
  • PTFE樹脂の特長
    • 優れた耐薬品性・耐候性
    • 高い電気的な絶縁抵抗
    • 優れた耐磨耗性と耐熱性
    • 低い粘着性と非水分吸収性
    • 高い生理学的安全性
    • 低い可燃性

  • PTFE樹脂の主な用途
    • 宇宙産業:
      電装系
    • 航空機産業:
      電装系
    • 自動車産業:
      電装系, 燃料系
    • IT産業:
      電装系
    • 化学産業:
      チューブ類
    • 家電関連(携帯電話・家庭電化製品)
    • 医療機器:
      チューブ, カテーテル, 人工血管, 縫合糸
同軸電線 ディスパージョン被覆チューブ
ガラスクロースコーティング製品 マルチルーメンチューブ

弊社のPTFE成形機械

弊社では、非溶融タイプのPTFEを対象とした ペースト式押出装置ラム式押出装置ディスパージョン成形装置と、溶融タイプのふっそ樹脂を対象とした スクリュー式押出機、射出成形機、およびそれらの周辺機器を扱っています。
弊社は日本のPTFE成形機械のトップメーカーとして豊富な経験をもとに、 これからもユーザー個々の用途や設置環境に合わせた装置を提供していきます。
PTFEペースト押出機ヘッド部